※このブログでの発言は、多分に個人的な見解が含まれています。

右翼と左翼実は同じ

はじめましての人ははじめまして、はじめましてじゃない人もはじめまして、みちるです。

「強権的な右翼」政権+国民と「教条的な左翼」野党+市民。この両者は、対立しているように見えて、実は同じ態度を共有しているのであります。

それは、自分と異なる人の意見に、なかなか耳を傾けようとしないという点であります。両者とも「自分たちの正しさ」を疑わず、丁寧な合意形成を拒絶するという点で、同じ穴の狢(むじな)のように、私の目には映るのであります。

このような態度が、大衆からは「上から目線」と見られ、「厄介な人たち」と距離をとられてきたのであろうと思います。

今、重要なのはこの二分した対立を超えた「もう一隻の船」を準備することではないでしょうか。

MJJ支隊

日本改進党内保守左派系会派、民主社会主義を掲げる自由主義者による「人民の意思」支隊、「MJJ支隊」