※このブログでの発言は、多分に個人的な見解が含まれています。

ミラクルみちるが考えた日本政府がやるべき経済政策

はじめましての人は、はじめまして、はじめましてじゃない人もはじめまして、みちるです。

経済関連で言えば、日本がアジアで働きたくない国ナンバー1になるなど、今なぜか大量に流入してきている外国人も、打ち止めの気配がする昨今でありますが、日本経済の今は、ギリギリの線で安定しているといえるだろう。しかし、東京オリパラが終わった途端に、日本の経済状況は不景気に逆戻りするかもしれぬのです。そんなことにならないように、今、日本政府がやるべき経済政策をまとめました。


「緊縮財政」から「反緊縮財政」へ/「財政出動」から「さらなる財政出動」へ/「消費税8%」から「減税し5%」へ/「富裕層・大企業優遇」から「富裕層・大企業への応分の税負担」へ


こうしてデフレから脱却すれば投資家の不安心理は軽減され、相場の動きは安定してくる。そうなればなんの取り柄がなくても、稼ぎやすい時期はやってくるのであります。

MJJ支隊

日本改進党内保守左派系会派、民主社会主義を掲げる自由主義者による「人民の意思」支隊、「MJJ支隊」